検索エンジン
ドラウプニル洞窟攻略(第二部) | えーあいおーえぬ
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ドラウプニル洞窟攻略ガイド(第二部)
 ※できればVer1.0でのカンストレベルの45になってるプレイヤー推奨
 イメージ2275
 中央制御室
イメージ2186
無事に飛び石通路を通ってずっと進めば
視野が広がりネームドモンスターの碩学ユデ-シュティラがいる中央制御室に出る
イメージ2187 イメージ2188 イメージ2189
中央制御室進入路の景色(1枚目の画像)
中央制御室につながる橋にいるモンスターたち(ロモルド含み)を先に倒そう(2枚目画像)
制御室の真ん中に見える柱に
運が良ければ碩学ユデ-シュティラが立っていることがある(柱の裏に立っている場合もある)(3枚目の画像)
イメージ2190 イメージ2191
六角形の円盤に柱があって,この柱周辺にユデ-シュティラがいる
ユデ-シュティラは沸いてる時もない時もあり,例え沸いてたとしても柱の前に立っていたり,裏に立っていることもあるのできちんと見渡そう
そして中央の柱で天族クエストのうちの一つ:ドラウプニル洞窟の生体兵器 を遂行することができるので忘れないように。
もしもユデ-シュティラが沸いてたなら一応ロモドルを先に倒してからにしよう
この円盤の上にあるモンスターの半分がロモドルなので釣り役はロモドルの動きを見極めなければならない
イメージ2192 イメージ2194 イメージ2193
ロモを釣って倒す作業を繰り返ししたらユデ-シュティラを引っ張ろう
釣り役が気を付けることはユデ-シュティラの石化麻痺というスキル
運が悪ければ5000ダメージも食らう
ユデ-シュティラが石化麻痺を詠唱しだしたら各種回避スキルを使ってこれを避けなければならない.
そして一番大事な事は釣ったあと対象モンスターとの距離をいつも20メートル以上に維持すること

 変種ドレイク実験場
イメージ2195
網目通路に入って少し進むと左側にUターンすることができる通路が一つ見える(左下の画像参照)
こちらへ行けば汚物処理場が出る.
天族プレーヤーは行く必要がないが,魔族プレーヤーはクエストのために行かなければならない地域.
汚物処理場には何のネームドもいないので無視しても良い.
もちろんクエストを進行しなければならない魔族プレーヤーは行こう
イメージ2196 イメージ2197

イメージ2198
網目通路をそのまま通過すると
再び分かれ道が登場する(右の画像参照)
左側にある道は上がる坂道で,
右側の道はちょっと下り坂な道です
一応三匹のネームドを倒すなら左側の道に移動しましょう

左側の道を少し上がれば
三箇所の他の洞窟入口が見える(下の画像参照)
この中で一番左側にある洞窟入り口が変種ドレイキ実験場入口になってます
イメージ2199

イメージ2200
この地域には数多くの変種ドレイク(紫色)
超高速に巡回する鋭敏なドレイク(薄緑色)
そして非常に遅い速度で巡回する第47デテ専門祈願者たちだ.

実験場全景(画像参照)
真ん中付近を鋭敏なドレイクが狂ったように走り回る
イメージ2201 イメージ2202
鋭敏なドレイクが違うドレイクの近くにいる時攻撃したり釣れば,
周辺の一定距離の全てのドレイクが群がって来るので引っ張る時は周りに気を付けよう
巡回速度がかなり早いので,引っ張るタイミングを間違えれば一斉に飛びかかってくるドレイクの集団を見ることができるでしょう
イメージ2203 イメージ2204
ちなみに変種ドレイク(紫色)は周辺に鋭敏なドレイクがいる時攻撃しても1匹だけで付いてくるので安心して釣ることができる
なので進行の邪魔になる変種ドレイクを一匹ずつ引っ張って処理しよう

この変種ドレイクは戦闘が始まって時間がちょっと経てば
受賞した植物という落とし穴を置きます

この落とし穴は他の落とし穴とは違いドレイクが死ぬ時発動し爆発する
この落とし穴が爆発すれば1500ぐらいの広域ダメージと持続ダメージが入って来る.
この植物は攻撃不可能なのでとり除くこともできない.
したがって変種ドレイクと戦闘をする時受賞した植物が発生したらちょっと場所を移動して戦闘をするようにしよう(右の画像参照)

イメージ2205 イメージ2206
とにかく中央を突破するためにはこの超高速に巡回する鋭敏なドレイキの他にデテ専門治癒者と祈願者たちも倒さなければならない.
もし釣りを失敗し敵を大量に引っ張ってしまったら洞窟外のかなり遠くまで逃げなければならない
1匹ずつ慎重に処理して移動経路を確保しよう
イメージ2207 イメージ2208
ネームドボス優しさのサラスワティを見れる位置まで来れたら
あとの問題はサラスワティを守るデテ5匹のみ
左の写真の真ん中付近にいるエリート暗黒戦士一匹はデテ二匹とサラスワティとの間を巡回するので
暗黒戦士が遠くに行くのを待ってから
一番前にいる闘士二匹を引っ張ろう(右の画像参照)
二匹を処理した後ロモドル暗黒戦士を処理するのが最良の攻略順序
イメージ2209 イメージ2210
サラスワティほぼ横にいる専門護衛法師は倒す必要はない
サラスワティを弓などで攻撃した後,実験場入口まで全力で走る方法があるからです
しかし運がなければ周辺の他のモンスターたちがリンクする恐れもあるので
安全にいくなら2匹の法師を引っ張ってその次にサラスワティを狙った方が良いかもしれない
(護衛法師は釣ってもサラスワティはリンクしない。逆はリンクする)
護衛法師も石化マヒというスキルを持ってるので当たれば約5000代のダメージを食らう
運がなければ釣っても釣り役が即死することもあるのでシールドウィングの素早いタイミングでの捕獲と,スペルウィングの睡眠が重要です
優しさのサラスワティはヒーラー系列のモンスターとして2100~2400ダメージの魔法攻撃を使う.
さらに自分の体力回復もするので少し煩わしい相手でもある
ちなみにサラスワティの耳輪, バカルマ精鋭の皮足保護, バカルマ精鋭のローブ下衣をドロップする


夢幻の石室
イメージ2211
イメージ2212
変種ドレイク実験場を出てすぐ左側にある洞窟(右の画像参照)は美しいラクシュミがいる夢幻の石室だ
また、非常に運が良ければ千年寝てる黄金ミイラを見物することができる所でもある
(ラクシュミは100%沸いてるが黄金ミイラは非常に低確率で沸く)
ラクシュミまで辿り着くにはかなりのモンスターを倒さなければならない
ドラウプニル洞窟最初の頃の軍団治療室にいた竜族のようにナーガがあちらこちらで横になっている
しかしあの怠け物とは違い
こいつらは近くに行くと起きるのでむやみに近付かないように
悪夢術士は戦闘が始まるやいなや '充実な者'を召還するが
この召還されたモンスターは本体が死ねば消える.
なので睡眠をかけて放置するか普通に倒すかで処理しよう

イメージ2213
夢幻の石室全景
五つの空色の円盤の上にデテ専門悪夢術士たちが眠っていて, 最も大きい円盤の上にラクシュミがいる. 円盤の間を行き交うロモドルを先に処理しよう
イメージ2214 イメージ2215
眠っている悪夢術士に近づくと(左の画像参照)
起きて攻撃して来る(右の画像参照)
イメージ2216 イメージ2217
まず入口付近で倒せるロモドルを処理した後,
入口周辺の寝ている悪夢術士たちを処理しよう
この次にラクシュミまで行く道上にいるナーガを処理し道を作るのが重要
もし失敗して多数のモンスターが付いて来たら,入口外まで逃げよう
しかしかなり遠い所まで追って来るのでかなり逃げなければならない
逃げ遅れたら麻痺 → 睡眠 → 魔法一点照射コースで一瞬で蒸発する

ロモドル処理後には右側の壁に沿ってナーガを処理し,道を確保しよう(左の画像参照)
ラクシュミ周辺にはロモドルが2~3匹巡回してる
なのでこいつらが一番遠くまで離れたら釣って処理しよう(右の画像参照)
イメージ2218 イメージ2219
ラクシュミは戦闘初盤に'充実な者'を召還する
それと同時に反射鏡というバフを自分自身にかける
このスキルは受けるダメージを100%相手に反射するスキルだ
このバフがかかるのを確認したら全ての攻撃を止めよう
攻撃できない間に'充実な者'が召還されてるなら先にこっちを倒しておこう
この他にもブルコップムギという広域魔法スキルとは違う魔法スキルを頻繁に使うもののそれも初盤だけ
中盤からは単純な魔法攻撃しかしない
イメージ2220
ラクシュミを無事倒したら
また入口に戻って今度は左側に移動をしよう
もちろん中間にいるモンスターは処理しなければ通れない
そして左側に少し移動すれば上の写真のように金銀財宝が散らばっているだけの場所に見えるが何か怪しい
イメージ2221
実はこの夢幻の石室左側にはとても珍しいネームドモンスターの千年寝てる黄金ミイラが沸いてる時がある
こいつはレジェンド等級の盾を含めた各種アイテム,
そしてユニーク等級の各職の腰装備をドロップする
もし黄金ミイラを見つけてもすぐに突進したらひどい目に会うでしょう

なぜなら...

金銀財宝で満たされている一方
壁の隅には一見誰もいないように見えるが,
各種潜伏スキルを使って隠れてる霧病隊が6匹位隠れてるので近づく事は絶対禁止
尚、潜伏を見破るスキルを使えば敵の姿を確認できる
運が良ければここらをあどけなく走り回る黄金ミイラを見ることができるかも(右の画像参照)


ニムバルカの執務室
イメージ2222
ニムバルカの執務室は美しいラクシュミがいた夢幻の石室のすぐ右側にある.
こちらはネームドモンスターである指揮官ニムバルカが沸いてる場所で
各種ナーガがぎっしり立ちこんでいる所だ
イメージ2223 イメージ2224 イメージ2225
左側が夢幻の石室, 右側がニムバルカの執務室(画像1枚目参照)
各ナーガがあちこちに集まっている(画像2枚目参照)
一番奥の深い所に指揮官ニムバルカが非常に生意気なポーズで立っている(画像3枚目参照)
イメージ2226 イメージ2227
イメージ2228 イメージ2229
ここで気を付けるモンスターは第47デテ専門呪術士
こいつは戦闘が始まれば無条件でバフ取り消しというデバフスキルを使い相手のバフを消してしまう
さらに戦闘終盤で'仮面竜族の堕落'というスキルを使用する
これは対象をドレイクに変身させ混乱させる(画像2枚目参照)
このスキルの恐ろしい所は混乱したプレイヤーは操縦ができなくなり辺り一体をスキルが解けるまで狂ったように歩き回る
なので周辺のモンスターがリンクしまくる状況が演出される(画像3枚目参照)
予防法としては素早く状態異常治癒をしてもらうか
初めから周辺に他のモンスターがいない安全な所まで一匹ずつ引っ張ろう(画像4枚目参照)
またこの呪術士は花火という魔法を使い,3000位のダメージ+持続ダメージを与えてくるので要注意
イメージ2230
ニムバルカの執務室入口のナーガだけ綺麗に掃除したら
奥の多すぎるナーガは別に処理しなくてもニムバルカだけを釣ることができる
指揮官ニムバルカは脅威の移動速度を持っている
逆にそれのおかげで周辺の敵に気を使う必要なく
遠距離攻撃で釣る事ができる
釣ったら一目散に外まで逃げれば洞窟入口外らへんでニムバルカ一匹だけになっている
釣り役はボウウィングなら上級疾走の呪文書 + ライカン変身,
シャドウウィングなら疾走 + 上級疾走の呪文書を使おう
呪文書無しで釣ろうとは思わないほうがいい、死にたくなければ
イメージ2231 イメージ2232
釣り役以外のパーティーは一応洞窟入口よりもっと下がった場所で待機していよう
シールドウィングとキュアウィングは釣り役が全力疾走で引っ張ってくるニムバルカを素早く引き継いであげよう
モタモタしてると釣り役は死ぬでしょう
上級疾走呪文書と疾走のは必須(画像1枚目参照)
ニムバルカとの最大距離を維持して遠距離攻撃!(画像2枚目参照)
イメージ2233 イメージ2234
たぶんどんだけうまく釣って逃げてもニムバルカに入口付近で攻撃を食らうでしょう
ニムバルカの最初の攻撃は'神聖な波動'
この攻撃を乗り越えれるかどうかで釣り成功か失敗かが分かれます
(神聖な波動はダメージとともに転倒状態になるから非常に危ない.集中回避スキルでこのスキルを避けることは不可能)
ニムバルカを釣ったらあとはもう後ろを振り返らずに走ろう
入口近くに来るまでに神聖な波動を食らったならもう助かる事を諦めよう
イメージ2235 イメージ2236
キュアウィングは釣り役が引っ張ってくる間にむやみにヒールしないようにしよう
状況をよく見極めなければならない
できる事なら助けたいだろうが時には見捨てる覚悟も必要だ
シールドウィングのタウントも同様だ
指揮官ニムバルカ一匹のみ釣る事ができたら後はもう簡単

指揮官ニムバルカはニムバルカのネックレス, バカルマ精鋭の鎖鎧, バカルマ精鋭のプレート鎧, ユニーク等級の肩部位をドロップする



ここまでお疲れ様です
残すところ4分の1になりました
最終章第3部へ続く
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aionplaync.blog75.fc2.com/tb.php/162-b22b874a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。