検索エンジン
殺星アサシン 時期:CB3終盤 | えーあいおーえぬ
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イメージ142
殺星は弓星とともに偵察系列のキャラクターとしてアイオンの8職業の中で一番攻撃速度が早い職業だ
殺星という名前らしく暗殺者スタイルのゲームプレー方式が要求されて
混乱させたりするゲリラ的な役目を主に担当するようになる.
攻撃速度が早く戦闘時には隙を見て一番多いダメージを与えることができる職業の中の一つだ
狩り速度も非常に早くて, パーティープレー時にはダメージディーラーの役目を引き受ける.

PvPでもさまざまなスタンスキルも取り揃えているうえ
回避性能がすぐれているので戦闘の主導権を取るのも有利だ
しかしその分状況判断やコントロールが要求されるので
その要求を満たした時真に強い殺星になることができる.

殺星は多数を同時に攻撃する技術はない
全面的に 1:1 戦闘に特化されたキャラクターで
大規模戦争時にも敵の隙を狙って暗殺を試みる感じでプレーするようになる.

殺星の派手で多様なスキルを利用した戦闘は楽しいが
防御力が低いという点が殺星の大きい弱点だ
気を抜くと一瞬の間違いで死亡に至る場合も多い
だから殺星は他の職業より生命力水薬などをよく使う方であり,
周辺状況把握も怠らないことが良い
イメージ143

殺星は弓星とともに初めて選択することができる4種職業中 '偵察者' 系列に属する
キャラクターを生成する時偵察を選択した後
9レベルになった時転職クエストを完了すれば最終的に殺星を選択することができる
イメージ144
ゲーム内で9レベルになれば天族は [ディーヴァとして生まれ変わる ] ミッションを。
魔族は [ディーヴァになる ] ミッションを遂行することができ,
これらのミッションを完了すれば殺星(または弓星)に転職できると同時に
'ディーヴァ'となって空を飛ぶことができるようになる.


最大限敵と当たらず かつたくさん殴らなければならない殺星には敏捷と正確能力値が一番重要だ
だから装備選択時敏捷と正確能力値を考慮して選択するのが基本だ
また全投擲もオプションで致命打, 命中, 攻撃の中で, 回避などが付いた物を選択すれば良い
イメージ145
殺星が使うことができる武器は短剣か片手長剣そして弓である.

短剣と長剣はともに両手に一つずつ装備することができる
片方には長剣, もう片方には短剣を着けることも可能だ.

短剣は攻撃速度が早くて致命打確率が高い
だから殺星に一番似合う武器と言える
長剣は短剣よりは遅いが一回に2打の攻撃を加える2打武器で
基本的な攻撃力と武器防御が短剣より良い
イメージ146
クローズベータの時は致命打性能のため短剣が流行ったが
長剣の通常攻撃力をよく活用すれば短剣に比べてもっと良い效率を得ることもできた.

一応キャラクターがそのレベルになる前は短剣でも長剣でも選り分けないで
もっと高い等級とレベルの武器を着けた方が良い
最終的にはカンストレベルでは短剣を持ち致命打セッティングした殺星が主な類になることと予想される

弓の場合使用は可能だが弓を利用したスキルが全然ないから
モンスターをおびき寄せるとか逃げだす相手に打撃を与えるための用途位で使えば良い
アイオンではキャラクターの武器を 2種組み合わせでセッティングして
いつでも自由に変えることができるから弓と矢はなるべく持って通った方が良い.
イメージ147
イメージ148
防具は皮防具にだけ関心を持てば良い
ローブも着用は可能だが性能やオプションが殺星に有利な点が一つもない
皮防具の中で致命打, 回避など殺星に良いオプションを計算して見て防具を選択すれば良い
イメージ149
殺星は直接的な攻撃剣術と回避, スタン技術, 一時的なバフスキル
そして文様, 潜伏など多様な技術を取り揃えている.

殺星が戦闘で一番多く使うスキルは'早い切る'と反撃, そして不意打ちだ.


早い切る は再使用待機時間が短くて精神力も消耗しないのに
直ぐに発動されるスキルで, 適切なダメージを与えて2段階連続期をすぐ使うことができて一番多く使われるスキルだ
レベルが高くなれば 3段階連続期の古代文様刻印まで使うことができるので
早い切る は再使用待機時間が終わる度に倦まず弛まず使った方が良い.
イメージ150
イメージ151


不意打ちは殺星のスキルの中で最大のダメージを与えることができるスキルの中の一つだ
しかし不意打ちは敵の背後で攻撃する時だけまともな威力を発揮するという制約がある
だから不意打ちを敵の後ろから命中させるための戦略が必要だ.
イメージ152
イメージ153


敵の後ろを取るための良い方法は少しの間気絶させるスキルで,
数少ない気絶させるスキルの中で一番よく使うことができる反撃スキルだ

反撃はいつも使うことができるのではなくて
敵の攻撃を回避した時のみ使用可能だ
だから殺星に回避能力はかなり重要であり,
初盤から使用可能なスキルである集中回避が非常に重要なスキルになってくる
イメージ154
イメージ155


集中回避は使えば5秒間敵から受ける攻撃を1回に限り100%回避することができる技術だ
集中回避なら自分のタイミングで反撃を成功させることが可能になる.
イメージ156
回避に成功すると使える反撃スキルもあるので集中回避の重要度は高い.
イメージ157
イメージ158
レベルが高くなれば不意打ち以外にも背後強打など
敵の後ろから使う時威力が倍加されるスキルを学ぶ事ができるから
少し動くことができないように封鎖した後
素早く敵の背中の後ろで動くコントロールを初盤から練習しておいた方が良い
実はこういうコントロールはそのレベルの殺星になれば
自分も知らず知らずのうちに敵の後ろに行くようになるほどに慣れてるだろう
イメージ159


20レベル以後になればスティグマを通じて
アムスブというスキルも学ぶことができる
このアムスブはスティグマスキルだが
ほとんど必須に近い位殺星にとって非常に有用な技術だ.

上で説明したとおり殺星は敵の後ろを取ることが重要だが
アムスブは使用後に瞬間移動しながらダメージまで与える
そこにランダム確率で気絶效果まで加える非常に魅力的なスキルだ
再使用待機時間が40秒と少し長いからよく使うことはできないが
重要な瞬間でのアムスブが戦況に大きい影響を及ぼすだろう

またアムスブ技術は射程距離が20mもあるため離れてる敵との距離を瞬く間に狭める效果もあり,
遠距離能力が弱い殺星にはありがたいスキルだ.
イメージ160
アムスブはスティグマスキルなので
モンスターを狩って運良くスティグマを獲得するとか
委託取引所などを通じてスティグマを購入しなければならない
20レベル以降は一応アムスブスティグマを求めようと努力した方が良い
殺星プレイヤーの数が多ければ多いほど高騰することが確実だからだ
イメージ161


また殺星は文様という独特の概念を活用したスキルを使うことができる
文様は文様刻印がスキルを通じる限り
対象に最大 5番回まで重畳させて刻印することができるし
刻印された文様は文様爆発スキルで爆発させることができ
文様爆発が成功すれば対象はダメージを負って気絶状態になる.
イメージ162
文様爆発は刻印された文様の数でその威力が決まる
5個の文様を全部刻印した後使う文様爆発は
殺星が持つスキルの中で最大のダメージを誇る
ここに気絶效果まで追加されるから5文様を積んだ後文様を爆発させることは
殺星がの一番力強い攻撃方法と言える.
イメージ163
イメージ164
文様は文様刻印スキル以外にも文様刻印の連続期の連鎖文様刻印や
猛獣の咆哮, 猛獣の後ろ足次期, 猛獣の殴り飛ばす ことでも刻印することができる
なのでレベルが高くなるほど文様を刻印することができる方法が増えて
文様の效用性がますます高くなる.
イメージ165
文様を積むことができるスキルたちは
文様を積む效果と別にスキル自らの攻撃力も悪くないからよく使うようになるでしょう
特に体力が多い精鋭, ボスモンスターたちを相対する時や
PvPでは必ず 5文様爆発を念頭に置いて最大限の文様を積みながら戦闘を進行した方が良い.

25レベル以後には文様爆発外にも文様を爆発させるスキルで空中束縛を使うことができる
空中束縛は文様を爆発させてダメージを与えながら
少しの間身動きできない束縛状態にするスキルで
再始前待機時間が長い方なので使う機会が多くはない
だから1回の機会をあらかじめ考えておいて適切なタイミングに使った方が良い.
イメージ166
苦衷捕縛は精神力消耗量も高い方でダメージ自体は文様爆発より低いから
一般モンスターとの戦闘では危険な状況ではないなら敢えて使う必要はない
しかしエフェクトが派手で連続して使うことができる落下技術も格好よいから
目の保養目的で使うプレイヤーもいる
イメージ167


上に説明した一般的なスキル以外にも殺星には潜伏という素敵なスキルを使うことができる長所がある
潜伏はスキル効果時間の間
敵に姿が見えないようにしてくれるスキルで
殺星が暗殺者と呼ばれる所以の重要なスキルだ.

一度使えば1分間使うことができないなど制約があるが
最小で30秒以上維持されるから活用度が高い.
イメージ168
潜伏活用の基本は密かに敵の後ろに近付いて
不意打ちと一緒に威力が強いスキルを成功させるのだ
力強い攻撃を先に成功させて始める戦闘は主導権を取りやすい.

特に種族大規模戦争で気が抜けない状況のとき潜伏は敵の隙を狙いやすいスキルだ
密かに敵陣の中に侵入して体力が減った敵を倒して
素早く後退するゲリラ戦術が良い.

もちろん潜伏を見られるスキルや水薬も存在するから
いつでも密かに隠密活動ができるわけではないが
大規模戦闘では潜伏に対する備えが徹底的ではない場合が多いから效用性が高い
イメージ169


殺星は 透き狙うこと, 殺意極大化, 毒塗る を通じて効果時間の間攻撃力を高めることができる
しかしこの技術は硬化時間が短いという短所がある
また 毒塗る の場合スコルロペンの毒という材料も必要だ.
イメージ170
しかし面倒だとしてもこの三種類スキルを躊躇せず使う癖を入れた方が良い
特にPvPでは必須で使わなければならないし
殺意極大化は不意打ちを使う前に使えば戦闘を有利にできるだろう


精鋭地域やダンジョンでパーティープレーをする時殺星は
攻撃するけどもモンスターが自分をタゲらないようにさじ加減を見る事が重要だ
殺星は防御力が低いから精鋭モンスターの攻撃に長く堪えにくいからだ.

こういう時使うスキルが 平定のささやき だ
平定のささやき はモンスターが攻撃対象を決める基準であるヘイトを低めてくれるから
パーティーに参加する殺星の必須スキルだ
平定のささやき を適切に使って自分より防御力が高いタンカーに攻撃が向かうようにしよう.
イメージ171


スティグマスキルはレベルによって最大 5種を選択することができるから愼重に選択した方が良い.
イメージ172
アムスブは一応上で説明したように必須スキルだ
特別な目的がなければアムスブは基本的に取り揃えた方が良い
連鎖文様刻印も早く文様を積むことができるしダメージも与えることができるので重要なスキルだ
他にも 迅速の契約 は狩りでも PvPでもその效果が非常にすぐれてるスキルだ.
イメージ173
劇薬塗ること, 遠距離文様刻印は
PvPですぐれた性能を発揮して
回避の契約は魔法を使う職業とのPvPで非常に良い效果を見られる
PvPを主に楽しむならこのスキルの選択を考慮した方が良い.
イメージ174


殺星のPVP

殺星の PvPでは初めに潜伏をよく活用して先制攻撃を成功させることで戦闘を有利に始めた方が良い
もちろん殺星と相対する時の場合潜伏に対して備えをするはずだが
潜伏状態でも大部分の技術が発動されるから一応潜伏状態で戦闘を始めるのが多方面に有利だ.

殺星のPvPの基本は良いタイミングで相応しいスキルを使うのかがカギだ
特に殺星は防御力が弱いので最大限敵の攻撃を封殺しなければならないという点でタイミングがもっとも重要になる
敵の力強い攻撃を避けることができるのかが勝敗のカギで
これは結局 集中回避, 反撃, 悔悟リーベ期, アムスブ, 公衆捕縛(空中捕縛)などを
どのように活用するかで決まる

だから各スキルの再使用待機時間を考慮しながら
あらかじめ戦略的な手順を決めておいて戦闘を進行した方が良い
再使用待機時間が比較的長いアムスブ, 公衆捕縛はいつ使うか
相手のどんな攻撃を避けるはずなのかをよく考慮しなければならない.

相手の攻撃を最大限封じながら敵の背後を取って不意打ちを飛ばして
再使用待機時間の手順に合わせて戸惑わず文様を積んで
片手間に早い連続期を的中させて行くのが殺星の PvP 方式だ.


相手にくっつき 主に相手の後ろを取る必要がある殺星が遠距離職業を相対する時には
上に言及した基本的な要素以外にも
20M内の対象に突進しながら攻撃する 進撃切ること, アムスブなど距離を狭めることができるスキルをよく活用しなければならない
精神力を消耗しながら移動速度を進める疾走スキルまで活用しながら
最大限相手との距離を狭めるようにしよう.
イメージ175


VS 魔道星 - 特に魔法攻撃力が一番力強い魔道星と対決する時は
魔法攻撃に2回抵抗することができるようにしてくれる回避の契約が必須だ
炸裂, 冷気波動などは最大限抵抗を活用して攻撃を無效化させた方が良い.

魔道星は睡眠というスキルで対象を睡眠状態にすることができる
戦闘の中で少なくとも一度は睡眠にかかるということを念頭に置いておかなければならない.
イメージ176

VS 精霊星 - CBシーズン 3で精霊星との戦闘は
精霊を無視して精霊星本体だけを熱心に攻撃する戦法が效果的だったが
オープンベータ以後精霊が強まることが予想されるから意外に苦戦するだろう

精霊星は大地の鎖で移動速度を遅くして大地震動で押し寄せることを誘発させることができる
大地の鎖に当たったらすぐアムスブでスキル連携で相手の詠唱切ってくれよう.
イメージ177

VS 治癒星, 護法星 - 治癒星,護法星は鎖防具を着ることができるから意外に防御力が強い
それにヒール能力まであるので攻略は難しい
治癒星と護法星は意外に遠距離魔法より近接攻撃を主に使うから
回避成功後に使える連続期を最大限活用した方が良い.

治癒星と護法星はそれぞれ束縛と結縛の注文で相手の動きを封鎖したり遅くすることができる
体力が減った場合このようなスキルをかけて回復を試みる場合が多いので
こういう時にアムスブであっという間に相手の後ろに移動する事が重要だ
だから司祭系列との戦闘ではアムスブの使用タイミングが非常に重要だ.
イメージ178

VS弓星 -弓星に近づく際は罠に気を付けなければならない
あらかじめ弓星の行動を注意深く察して罠があると判断される地域は避けるようにしよう.

講習矢は移動速度を遅くする弓星の核スキルで講習矢を食らったら
素早く治癒水薬で移動速度を回復するようにしよう.
イメージ179
弓星は狙い撃ちから始まる攻撃が多い
狙い撃ちを使ったら次は必ず連続期が入って来る
スタンで切るとか距離が遠ければ回避に専念するようにしよう.
イメージ180

VS 守護星, 剣星 - 守護星や剣星などの防御力が強い近距離職業と相対する時は絶えず相手の後ろを狙わなければならない
用意した連続攻撃を最大限早く浴びせた後疾走スキルを活用して
相手がまともに攻撃ができないようにしながらアムスブなどの再使用待機時間を儲けることが重要だ.

剣星や守護星は殺星より防御力と体力がずっと強い上に
意外にもスタンスキルも取り揃えていて少しの間違いで勝ちにくい状況になるだろう

特に盾スキルには気を付ける必要がある
盾防御に成功した後使うスキルにはこれといった対処する方法がない
守護星の場合盾突撃まで連続攻撃がつながるので直ちに治癒水薬を使った方が良い
イメージ181
両手剣や槍を持っている剣星の場合は
粉砕波動でつながる広域連続期に気を付けなければならない
広幅波動まで当たるようになれば倒れるのでその前にスキル連続期を断ち切る必要がある.
イメージ182


殺星の磨石は趣向によって攻撃力, 回避, 致命打の中で特化した方向を選択した方が良い
初盤では磨石は求めやすくはないので獲得する磨石の中で
殺星に有利なオプションを見ながらキャラクターを育成すれば良い.

狩り, PvPで良い效果を見られる致命打が一番選好されるオプションだが
長剣の通常攻撃力を最大限活用しようとしたら攻撃力磨石セッティングも悪くない
また PvPを楽しむユーザーなら回避能力値に投資をすることも良い.
イメージ184
また基本的に防御力がかなり低い殺星なら生命力を高めてくれるオプションも考慮する必要がある. カンストレベル基準で生命力最大値が最小 5000以上あるように合わせてくれると
戦争などで生存力も確保されるだろう
イメージ186
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aionplaync.blog75.fc2.com/tb.php/36-12388e84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。